NEWS

  • お知らせ
  • リリース

No Company、「Z世代就活生のSNS活用に関する実態調査」(2023年)を発表。SNS世代の就活生は採用コンテンツの「タイパ」を重視

2023/09/27 Wed.

SHARE

企業の人事部門向けに採用広報(採用マーケティング)支援を行う株式会社No Company(本社:東京都港区、代表取締役:秋山真)は、Z世代の学生による就職活動時のSNSやWebサイトの活用実態についてアンケート調査を実施し、就職活動中の大学生241名から回答を得ました。

 

Group 1005


■調査背景


No Companyは、「​​スタイルマッチで組織と人を変えていく」をミッションに、採用マーケティングのリーティングカンパニーとして求職者と企業がより良い関係で就職・採用活動に取り組める環境づくりを支援する会社です。本調査によって就活生の採用情報に対するニーズやインサイトを分析し発信することで、多くの企業がより効果的な採用活動を行うための参考になればと考えています。

 

【就活生による就職活動でのSNS利用について】

Q1

(結果)就職活動においてSNSで情報収集すると回答した就活生は58.1%
(考察)就職活動においてSNSで情報収集をすると回答した就活生は58.1%で、昨年調査(57.2%)と同等という結果となりました。


Q2

(結果)企業情報をSNSで検索する就活生は55.2%
(考察)SNSの検索機能で企業名などを検索し情報収集している学生は55.2%と、半数以上がSNSでも検索機能を使用していることが分かります。


Q3

(結果)タイムパフォーマンスを意識するが68.6%
(考察)就職活動の情報収集にSNSを利用する学生は、タイムパフォーマンスを強く意識していることが分かります。


Q4

(結果)「非常に上がった」、「やや上がった」の合計が64.7%
(考察)68.6%の学生がSNS上で企業の情報を検索し、その情報を見て64.7%が選考や入社意向度を高めていることが分かります。2022年に当社が取った同様のアンケートでは「非常に上がった」が17.3%で今回の約半分でした。SNSの情報が学生の就職活動にとって大きな影響を持ち始めていると言えます。


【就活生が希望する企業による情報発信の内容・方法】

Q5

(結果)「1日の仕事の流れ」(41.1%)、「社内の人間関係・職場の雰囲気」(37.3%)、「福利厚生」(35.3%)がトップ3
(考察)就活生は、就活ナビサイトなどに掲載されている会社概要の説明のような情報だけでなく、カジュアルな情報も含めて働き方や人間関係など自身の入社後がよりリアㇽにイメージできる情報を求めていると言えます。


Q6

(結果)X(旧:Twitter)(48.5%)、Instagram(42.7%)、YouTube(41.1%)がトップ3
(考察)長文の記事が載せられる採用関連メディア、note、就活関連メディアなどよりも、掲載文字数が少ないSNSが上位に来る結果となりました。調査のフリーコメントでは「YouTubeだと倍速視聴ができるので効率的」といった回答もあり、これらの結果は就活生のタイムパフォーマンス(タイパ)志向の表れであると推測されます。


Q7

(結果)「画像」(48.5%)、「短尺動画」(44.8%)、「テキスト」(32%)がトップ3
(考察)これまで、企業の情報発信フォーマットとして最も一般的だった「テキスト」を「画像」と「短尺動画」が大きく上回る結果となりました。ここで学生が選んだ画像コンテンツは主にInstagramやX(旧:Twitter)で配信されるものです。ビジュアルで世界観を訴求するものだけでなく、文字情報を載せた画像コンテンツが多く含まれます。
「短尺動画」は、主にTikTokやYouTubeショート、Instagramのリールが代表的な例で、15~60秒前後で作成されています。隙間時間で簡単に視聴でき、効率的に情報収集ができる点が人気です。また動画の場合は、画像やテキストよりも実際の雰囲気が伝わりやすい点が好まれているようです。現状では短尺動画による情報発信例(※)は少数ですが、徐々に増え始めています。

(※)企業による短尺動画での情報発信例
https://recruit.simplex.holdings/lookandfeel/ (出典:シンプレクス社の採用HP)

 

考察まとめ

・SNSでコンテンツを“消費”することが当たり前のZ世代である就活生は、カジュアルに受け取れる「SNS的コンテンツフォーマット」を求めている
・SNSを利用して就活情報を収集している学生は、タイムパフォーマンス(タイパ)を重視している
・コンテンツが大量に流れるSNSのタイムラインの中では、採用関連の情報であっても「パッと目を引く」、「短時間でポイントがつかめる」、「共感できる」、タイパの良いコンテンツがよく見られる
・今回の調査結果で分かった「学生のニーズに合ったフォーマット」で、「学生が求める情報」を発信できている企業は少数派のため、今回の調査結果を踏まえたコンテンツ作りをすることで競合他社と差別化できる可能性が高まる


調査概要

調査主体:株式会社No Company
調査時期:2023年6月8日~6月15日
調査方法:インターネット調査
対象エリア:日本全国
調査対象:19歳~22歳の就職活動をしている大学生
有効回答数:241人
※設問ごとの有効回答数を「n=」で記載しています。
※本調査の内容を転載、ご利用いただく場合は「株式会社No Company調べ」とクレジットを記載してください。

 

株式会社No Company

博報堂グループ初のSNSデータを活用した採用広報支援企業。株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治) の子会社として2021年10月1日に設立。SNSデータ活用ノウハウ、博報堂グループの一員として持つ豊富なマーケティング知見、実績を活かし、採用マーケティングのリーディングカンパニーとして企業の採用活動の支援や人的資本経営におけるブランディング支援を行う。

logo_basic-1

社名 :株式会社No Company(読み方:ノーカンパニー 英文社名:No Company, inc.)
設立 :2021年10月1日
資本金 :2000万円
出資者 :株式会社スパイスボックスほか
所在地 :東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー16階WeWork内
代表者 :代表取締役社長 秋山真
事業内容:採用マーケティング支援

【リリースの詳細はこちら】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000089446.html
【本件に関するメディア関係者さまのお問合せ先】
株式会社No Company
広報担当:小谷
pr@no-company.co.jp

SHARE

新着ニュース

  • 2023/12/1 Fri. インタビュー
    生活者データドリブンマーケティングに代表秋山とコネヒト取締役伊藤様のインタビューが掲載されました。
  • 2023/11/24 Fri. お知らせ イベント
    No Company主催の「大手人事交流会」を開催 ~12月6日(水) 17時から@日比谷国際ビル 「コンファレンススクエア」~
  • 2023/11/20 Mon. お知らせ イベント
    No Company代表の秋山がユーザベース主催「START UP EVERY TIME -起動と越境の、2日間- 」に登壇します。